サイトマップ

JIOは Japan(日本) Inspection(検査) Organization(機構)の頭文字を組み合わせたもので、日本住宅保証検査機構の略称です。 国土交通大臣登録住宅性能機関で、お客様を保護する視点で、公平で成立な検査を行なっています。

安心充実の検査内容

地盤調査と4回の現場検査をします

最初にすべての現場の地盤調査を実施し、建築後に建物が傾く(不同沈下)などの欠陥が発生しないような基礎の仕様を提案します。
着工したら、基礎の鉄筋の径やピッチが図面どおりかを調べる「基礎配筋検査」、屋根や壁を支える土台や柱などの材質・施工方法などを調べる「構造体検査」、外壁を仕上げる前の防水処理などを調べる「外装下地検査」、外装材、外部貫通配管の防水処理を中心に調べる「完了検査」の4回の現場検査を実施し、欠陥住宅の発生する隙をつくりません。

万が一検査で不具合が見つかったら…

合格するまで次の工程に進めません。建設基準法、住宅金融公庫共通仕様書、JIOの設計施工基準に照らして、公正中立な立場で検査します。検査の結果、不具合があればやり直します。

基本性能に関わる重要部分を10年間保障

検査に合格して保証書が発行された住宅は、JIOに保証対象住宅として登録されます。住宅の引渡しから10年間は、主要構造部と雨水の浸入を防止する部分の瑕疵は建築したビルダーが手直し工事をし、JIOも費用をサポートします。

構造耐力上主要な部分

屋根板、小屋組、柱、壁、床板、斜材、土台、基礎

雨水の進入を防止する部分

屋根、外壁、開口部

10年後に保証を更新できます

10年後に、点検を実施し、保証を更新することができます。 要補修となった場合でも必要な手直しを実施し、再検査に合格すれば10年間の保証更新ができます。

検査のたびに報告書をお渡しします

建物の完成後は見えなくなってしまう基礎や構造体部分もきちんと確認できるように、検査結果はすべて写真入り報告書でお渡しします。

検定試験に合格した専門の検査員が検査

JIOの検査員は厳しい社内研修を受け、検定に合格しています。とくに重要な構造体検査を実施する検査員は「主任検査員」と呼び、建築士の資格者だけをそろえています。

地盤をサポート

ジャパンホームシールドの地盤サポートシステムで、地盤調査、調査データの解析、そして、地盤の状況に応じた基礎仕様・地盤補強工事の提案により、地盤サポートシステムを提供しています。

調査から品質保証書発行までの流れ

Step 1調査

地形や立地条件から土地状況を読み、地盤の締まり具合を調べます。

Step 2解析

調査データに加え様々な要素で解析します。

Step 3報告

解析結果を元に、その詳細を報告。その土地に適したプランを提案します。

Step 4対策提案

解析の結果、軟弱地盤と判断した場合、土地状況に応じた基礎仕様の提案や地盤補強工事を提案及び実施します。

Step 5品質保証

不同沈下しない地盤の品質をお約束。基礎着工日に始まり、引き渡し日から10年間保証します。 申込み物件の地盤についてJHSの定める品質基準に合格した場合に、その旨を保証します。

地盤の評価基準「3項目8要素」

基礎については建築基準法施行令第38条(関連法規/建設省告示第1347号)、地盤および基礎ぐいについては建築基準法施行令第93条(関連 法規/国土交通省告示第1113号)に基づくと共に、独自の評価基準を加えた下記の3項目8要素にて検討・評価を行います。

  • 中古物件情報
  • スタッフブログ

大東市の三笠工務店です。家族を守る大切なマイホームの購入をお考えの方、当店にぜひご相談下さい。
高齢者に優しいバリアフリー設計、キッチンの空間設計、緑豊かにホームガーデニングも楽しめる駐車場兼玄関ポーチのエクステリア設計。何から何までサポートいたします。

お問い合わせはお電話でお気軽に。親切丁寧に対応いたします。